オリゴ糖って何?

最近、腸内環境を整え、善玉菌を増やすとされるオリゴ糖が注目されています。なぜかと言えば、大腸まで届いて善玉菌の餌になり善玉菌を増やしてくれ、それが結果的に便秘に効くからだといわれます。腸内細菌のバランスが善玉菌優勢になり腸内環境が整えられるので、便通も影響を受け便秘に効くというわけです。

その「オリゴ糖」とは何なのかといえば、糖質です。糖質とは3類に分けられ「単糖類」「オリゴ糖類」「多糖類」となります。単糖類とは「ぶどう糖」や「果糖」などで、それ以上分解されない糖のこと。「多糖類」というのは「単糖」が結合したものです。そして「オリゴ糖」は「単糖」が2個つながった2糖類が多いのですが、数十個程度つながったオリゴ糖もあり、そのさまざまの「オリゴ糖」をまとめて私達は「オリゴ糖」と呼んでいます。

オリゴ糖の種類はおよそ20種類。代表的なものは「フラクトオリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」「大豆オリゴ糖」などです。その具体的効能としては、腸内環境を正常化してくれるので便秘などを改善してくれると言われます。それぞれの「オリゴ糖」によって、それぞれ効能も変わってきます。便秘に効果がある「オリゴ糖」という視点から考えますと「大豆オリゴ糖」は熱や酸に強い性質があり、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすことができると言われます。こうした点から、腸内環境の改善や便秘解消効果にはピッタリの「オリゴ糖」といえるでしょう。

また「フラクトオリゴ糖」も、善玉菌の増殖を促し、腸内環境を整える作用があります。食品としてもゴボウ、玉ねぎ、バナナなどの野菜類に多く含まれていますし、ゴボウやバナナはそれ自体食物繊維が多い食べ物ですから、便秘にはダブルの効果があると言えるでしょう。