オリゴ糖の種類

「オリゴ糖」とは糖質ですが、その種類も20種類程度もあり、その性質により様々な効能を持っています。個別に「オリゴ糖」を解説しましょう。

主な原料は「ショ糖」です。善玉菌の増殖を促して腸内環境を整える作用があります。他には「オリゴ糖」などが挙げられます。また、砂糖の代用として低カロリー甘味料としても活用されています。近年では、免疫機能向上の効能があることの研究報告もされています。食品としてはアスパラガス、ニンニク、ゴボウ、玉ねぎなどに含まれています。

ブドウ糖が3~7個つながったものが「イソマルトオリゴ糖」です。コクを持つ甘みが感じられる「オリゴ糖」。腸内環境を整える効能の他に、防腐作用があります。他の「オリゴ糖」に比べると、カロリーは若干高め。ただ、熱に強いので料理などに適しています。清酒、はちみつ、みそ、しょうゆなどに含まれています。

乳製品や母乳に含まれているのが「ガラクトース」と呼ばれる糖。たんぱく質の消化吸収を促し、便秘や下痢の改善にも役立つと言われます。消化酵素に消化されにくく低カロリー。腸内環境を整えてビフィズス菌を増やす効果があります。

大豆に含まれる「オリゴ糖」で、甘みが強いと言われています。しかし、カロリーは砂糖の半分。熱や酸に強い性質があり、他の「オリゴ糖」よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすことができると言われますので、腸内環境の改善や便秘解消効果にはピッタリでしょう。