便秘との関係

腸内環境を正常化させるにあたり必要となるのが腸内の善玉菌です。善玉菌は同じく腸内にいる悪玉菌と絶えず戦っています。悪玉菌に腸内を支配され便秘や肌荒れなどに悩まされないためには、常に善玉菌を優位に維持しておかなければなりません。その状態を維持するために「オリゴ糖」は必要不可欠なものなのです。というのも「オリゴ糖」は善玉菌のエサであるため、腸内の善玉菌を増やす役割を担ってくれます。腸内環境が良くなく悪玉菌が多い状態では便秘になりやすく、また悪玉菌が出す毒素によって血流も悪くなり新陳代謝も滞りますから、肌への栄養も足らなくなり肌荒れも起ってきます。

そうしたなか、「オリゴ糖」は善玉菌のエサになり腸内環境を良くし正常化しますので肌荒れもよくなります。特に、便秘薬が安易に使えない妊婦さんとか、産後の授乳によって赤ちゃんに影響が出るのが怖くて便秘薬などが使えない女性などに役にたちます。「オリゴ糖」は自然の成分なので、赤ちゃんの便秘にも安心して使用できるのです。

腸壁のバリア機能が弱まっていると、肌機能も弱くなって湿疹などの肌トラブルやアトピー性皮膚炎なども発症しやすくなります。肌機能の悪化も腸内環境が悪い影響で起る便秘が影響しているのです。大腸まで届く「オリゴ糖」によって善玉菌を増やしておくと、善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌は、腸壁のバリア機能を高め腸内環境を良くして便秘も軽減させます。こういうプロセスで、便秘により生じてきた肌トラブルも回復できるのです。