目安の摂取量

その「オリゴ糖」の1日の摂取量はどのくらいがいいかといえば、5~8gと言われています。大体、スプーン一杯分位。人によって適量は違いますから、それぞれお腹の調子や体調により適量を決めるといいでしょう。

「オリゴ糖」は薬ではないので、あなたの都合のいい時に摂取して大丈夫です。コーヒーや朝食時にミルクに入れて摂取してもいいですし、夕食後の紅茶に入れて摂取してもかまいません。ただ、毎日継続的に摂っていくことが基本。しかも、大量を摂るのでなく意識的に何回かに分けて摂るようにしましょう。

「オリゴ糖」は、ビフィズス菌や乳酸菌のエサになって善玉菌を増やします。その効果をもっと生かすことを考えれば、ビフィズス菌を多く含んでいる食品と一緒に摂れば、腸内のビフィズス菌がより活性化して効果的。ビフィズス菌や乳酸菌などを多く含む食べ物は、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆、漬物などです。その食べ方としては、ビフィズス菌が含まれているプレーンヨーグルトに、オリゴ糖を加えて食べると合理的でしょう。ビフィズス菌が生きたまま腸まで届くヨーグルトならば、なお効果的。「オリゴ糖」と一緒に摂取することで、腸内のビフィズス菌がより活発に活動してくれます。ココアに「オリゴ糖」の組み合わせもいいでしょう。ココアには良質なビタミンやミネラルも多いし、食物繊維もたくさん含まれていますから、そこに「オリゴ糖」が加われば、ダブルで便秘に対する効果が期待できるでしょう。

また、「オリゴ糖」を含む食品としては大豆などが挙げられます。大豆製品は「オリゴ糖」だけでなく、食物繊維も多いですから便秘により効果的。大豆をハチミツなどで煮れば、「オリゴ糖」がより効率的に摂れるでしょう。

便秘に対して効果がある「オリゴ糖」ですが、注意点もあります。「オリゴ糖」は胃や小腸で消化されにくいので大量を摂取すると、お腹がゆるくなりすぎたりするケースもあります。様子を見ながら、少しづつ摂るようにしたいものです。